ローヤルゼリーの価値と値段は関係する?

たいていの健康食品は価格の相場がありますが、ローヤルゼリー製品は価格の幅が非常に広いです。
製品ごとに価格に開きがあるため、購入する際には、判断が難しいので、高価な商品がなぜ高価なのか、安価なものがなぜ安価なのかの理由や基準を知っておくと、購入の際の判断材料となります。

ローヤルゼリー製品の価格を考える基準のひとつに、デセン酸含有量があります。
デセン酸とは、ローヤルゼリーに含まれる成分で、ローヤルゼリーにしか存在しない、特集の稀有な成分です。
そのデセン酸の含有量が高い製品ほど、高価である傾向があります。
デセン酸が最も多く含有されているのが、生タイプのローヤルゼリー製品です。
生タイプのローヤルゼリーや鮮度、純度が高いため品質も高く、ローヤルゼリー製品のなかでは最も高価なタイプの製品です。

生タイプのローヤルゼリーが高価なのは、デセン酸含有量が高い他、鮮度管理や鮮度を保持したまま採取、加工、流通するためのシステムや経路にコストがかかるため、より高価となるのです。
生のローヤルゼリーを提供するには原料の品質にもこだわる必要があるため、そうした点でもコストが発生し、より高価となります。

逆に安価な製品は、調整タイプと呼ばれるもので、ローヤルゼリー以外に様々な成分を配合してもので、ローヤルゼリーの配合量、純度が低くなり、結果的にデセン酸含有量も低いため、価格は安くなります。

また、タイプを問わず、原料が中国産の製品は比較的、安価な傾向があります。
中国は土地が広大で、ローヤルゼリーの生産地として最適化された農場が多いため、生産量が多く、日本と近いことで、流通にかかるコストもおさえられているため、安価で製品を提供することが可能となっています。
中国産ときくと、環境汚染などのイメージから、品質に不安を覚えるという方も少なくないと思いますが、中国のローヤルゼリーを採取する養蜂場は、日本輸出用の専用農場として、厳しい環境基準で管理されているため、きちんとした指針のもと、品質保持がされています。

そして、最も高価な製品は、国産の生タイプローヤルゼリーです。
日本は土地が少ないことから、単純にローヤルゼリーの採取量が少ないため、どうしても高価になってしまいます。
しかし、純国産となると、製品にたいする信頼感も持てますので、価格に見合った価値はあるでしょう。

ローヤルゼリーは継続利用が必須である健康食品ですので、購入に際しては価格も非常に大きな要素となります。
無理して高価な製品を選ぶよりも、継続して使い続けるのに無理のない価格帯の製品を選ぶのも大事です。
価格と品質、両方を見極めて、自分に合った製品を購入し、快適なローヤルゼリーの健康習慣を過ごしましょう。

トップに戻る