ローヤルゼリーの味は?

ローヤルゼリーはどんな味がするのか。
多くの人がハチミツのような味を想像することでしょう。
中には、ローヤルゼリーが、いわゆるハチミチの高級版といったイメージを持っている人も少なくはないと思います。

ローヤルゼリーの味は、ハチミツとは全く違います。
ハチミツにみられるような甘みというものが、全くありません。

では、どんな味なのかというと、形容がむずかしい、とても独特な味がします。
独特な酸味があり、舌が痺れるような不思議な感覚。
とにかく、なんともいえない独特の味なのです。

ちなみに、独特な酸味と表現しましたが、その酸味の正体は、ローヤルゼリーに含まれる成分であるデセン酸によるものです。
このデセン酸はローヤルゼリー特有の成分であり、このデセン酸の含有量が多ければ多いほど酸味は強く、強烈になります。

つまり、酸味が強い製品ほど、デセン酸が多く、鮮度が高い高品質な製品である可能性が高くなる、いわばひとつの品質基準ともいえます。

しかし、その酸味を含めた、ローヤルゼリー独特の味が苦手だという人もいます。
継続的に毎日使用することが前提である健康食品にとって、味は重要な要素だといえます。

健康効果が得られるのであれば、味は関係ないという利用者もいれば、どうしても苦手だから無理という人もいるでしょう。

その場合は、サプリメントタイプのローヤルゼリー製品を選ぶのがよいでしょう。

ローヤルゼリー独特の味が強くするのは、生タイプの製品です。
生タイプの製品は、鮮度、純度が共に高く、得られる効果も最も高いタイプの製品です。
鮮度が高いということは、その味も強く残ります。

サプリメントタイプであれば、カプセルや錠剤に加工されているので、その味は緩和されているため、苦手な方でも無理なく使用することが出来ます。

< カプセルや錠剤であっても、少しでも臭いがするだけでも抵抗があるとういう場合は、表面を糖分でコーティングされた、糖衣錠タイプのローヤルゼリー製品を選ぶのがよいでしょう。

どんなに効果が高くても、何かを我慢しながら摂取するのは、継続使用のジャマをしてしまいます。
無理なく継続的に利用できる製品を選び、快適なローヤルゼリーの健康習慣を過ごしましょう。

トップに戻る