国産ローヤルゼリーのチカラ

健康食品に限らず、口にするものは出来るだけ国産のものを選びたいと思われる人は多いでしょう。

その理由の多くが、やはり安全性というものを考慮してのことでしょう。
食品をつくる環境や農薬の使用状況や鮮度など、外国産の食品に対する心配は決して少なくないでしょう。

ちなみに、ローヤルゼリーは実に90%が外国産です。
そのほとんどが中国や台湾、タイやベトナムなどのアジア圏となっています。
何故アジア圏なのかといえば、それはローヤルゼリーの品質基準において、鮮度が大きなウエイトを占めていることに起因しています。
天然成分であることが魅力のひとつであるロイヤルゼリーですから、作られる国は近ければ近いほど、鮮度保持には有利です。
アジア圏でない諸外国からもローヤルゼリーは輸入されていますが、鮮度の点で劣るという指摘もあります。
しかし、アジア圏、特に中国などと聞くと、環境や農薬、品質に対して不信感を抱くケースが多いのではないでしょうか。
確かに中国産の食品は、その品質や安全性を疑問視する声も多く、実際に報道などで、その危険性を目の当たりにしたこともあるでしょう。

しかし、ローヤルゼリーは、そもそも劣悪な環境では採取そのものができません。
環境が悪いとミツバチが巣に帰るための帰巣本能が阻害され、ローヤルゼリーの採取がそもそも不可能となり、農薬を使用した花々の蜜を吸うと、ミツバチは死んでしまうのです。
徹底した環境保全のもとでしか、ローヤルゼリーはつくることができないのです。
ただ、それでも不信感を拭いきれないという人もいるでしょう。
その場合、疑いながら外国産を選択するよりも、安心できる国産品を選んで、快い健康習慣を過ごすほうが精神的にもよいでしょう。

なにより、ローヤルゼリーの品質基準のひとつである、鮮度においては、やはり国産が最も優れているといえます。
輸入するという行程が無いぶん、採取から加工、市場に並ぶまでの時間は、やはり国産品のほうが早いです。

特に、ローヤルゼリーの栄養成分が最も堪能できる生ローヤルゼリーに関して言えば、品質基準としての鮮度は、より大きなウエイトを占めます。
ローヤルゼリーが持つ、天然成分の優れた健康効果を最善の状態で体感したいのであれば、最も鮮度に優れる、国産のローヤルゼリーを選ぶのがよいでしょう。

外国産に比べて、価格が高いというデメリットこそありますが、国産ローヤルゼリーのチカラは、あなたの健康習慣をよりよいものへと高めてくれる、力強いサポートをしてくれるでしょう。

トップに戻る