ニュージーランド産のローヤルゼリー

ローヤルゼリーの原産国は様々あり、市場に並ぶローヤルゼリー製品の実に90%が外国産となっています。
そのため、国産のローヤルゼリーは希少さに加えて、鮮度、品質の高さから、高い商品価値をもっています。

そんな国産ローヤルゼリーと並ぶほど高い商品価値を持っているのが、ニュージーランド産のローヤルゼリーです。
ニュージーランドは、マヌカの花の蜜からつくられるハチミツ、マヌカハニーが有名です。
ハチミツの生産量だけでいえば、世界的に見ると決して高いわけではありませんが、ニュージーランドの養蜂は非常に高い評価を得ています。

養蜂、ローヤルゼリーの採取に必要な絶対条件として、厳しく管理、環境保全された自然というものがあります。
ミツバチは繊細な生き物なので、劣悪な環境化ではすぐに病気になり、ローヤルゼリーの採取どころか、巣に帰ることなく死んでしまいます。

ニュージーランドは、大陸から離れた孤島であり、非常に豊かな自然に恵まれています。
他の大陸から、ミツバチの病原菌が運ばれるということがなく、検疫も徹底されているため、ミツバチの病気というものが、ほとんどありません。
温暖な気候に加えて四季もあり、豊かな花々と健康なミツバチ。
ローヤルゼリーをつくるには、まさにうってつけの環境といえるのです。

商品価値が高いということは、つまり製品の価格が高いということです。
継続使用により効果を発揮するローヤルゼリーですので、価格が高いということは、継続することのハードルとなってしまいますが、国産品に並ぶほど、その品質の高さは折り紙つきです。

自分の生活環境に合わせて、無理のない製品選びが、ローヤルゼリーで健康習慣を過ごす鉄則ではありますが、健康食品の代名詞でもあるローヤルゼリーの健康効果を、最高峰の品質で体感したいのであれば、ニュージーランド産のローヤルゼリーは、きっとあなたの期待にこたえてくれるでしょう。

美しい自然のなかで、検疫により守られた健康なミツバチ達がつくりだす、高品質なローヤルゼリー。
あなたの健康習慣にとりいれてみてはいかがでしょう。

トップに戻る