ニュージーランド産

ローヤルゼリーはインフルエンザにも効果がある?

インフルエンザは、通常冬に流行する感染症の1つです。
風邪とよく似た症状ですが、風邪よりも急激に、そして症状が重くなるのが特徴です。
インフルエンザウイルスに感染すると、1~5日程の潜伏期間を経て、38度以上の高熱や全身の筋肉痛といった症状が身体に表れます。
通常3~7日程度で身体は快方に向かいますが、赤ちゃんや小さな子供、高齢者といった抵抗力の弱い人は注意が必要です。
肺炎や気管支炎といったさらに大きな病気に発展する恐れもあります。
感染力は非常に強く、ウイルスが広がりやすいため、学校や職場などは出席停止扱いとなります。
毎年多くの死者をだしているインフルエンザは、十分な予防をして感染しないようにすることが大切です。

しかし、感染力の強いインフルエンザを予防するには、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか?
難しいことはありません。
その他の病気についても言えることですが、普段から休養をしっかりととり、規則正しい生活をして身体の抵抗力を高めておくことが大切なのです。
特にインフルエンザなどの感染症は、その感染力の高さによって怖れられています。
もし身近な人に感染者がいた場合、または学校や職場といった集団生活をしていれば、ウイルスの感染を完全に防ぐことは困難となります。

ですから、ウイルスに感染してもそれが発症することのないよう、普段から身体の抵抗力を高めておけばよいのです。
ローヤルゼリーは栄養価が非常に高く、普段の食生活だけでは十分に摂ることの難しい栄養素も身体に取り入れることが出来ます。
さらに、身体の血流をよくして新陳代謝を良くしてくれるため、身体の細胞を新しいものへと生まれ変わらせる力も持っています。
自律神経を調え、身体の調整をしてくれる働きもあり、健康な身体を維持するための非常に大きな助けとなってくれます。
インフルエンザの季節が訪れたら、体調の良い時を見計らって早目に予防接種を受けておきましょう。
その上でローヤルゼリーの力を借りて、ウイルスを寄せつけない身体を作っていくと良いですね。
またこちらのローヤルゼリーの注意点も参考にご覧ください。