ローヤルゼリーとマヌカハニーの関連性

マヌカの木は、ニュージーランドに住むマオリ族の言語で「復活の木」、「癒しの木」と呼ばれています。
マオリ族の先住民は、昔からマヌカの樹液や葉を薬として使用してきました。
このマヌカから採れるハチミツは、通常のハチミツと違い、胃や腸に関係する病気に大きな効果をもたらしてくれます。
マヌカハニーには、普通のハチミツには含まれていない「食品メチルグリオキサール」が含まれています。
これにより、大腸菌やピロリ菌などの悪玉菌に対して、殺菌効果が強まるということです。
その強い殺菌作用から、今では健康食品として高い人気を集めているのです。

それでは、同じミツバチから授けられる成分として、ローヤルゼリーとの関連性はどうなのでしょうか?
ローヤルゼリーは女王蜂にしか与えられない特別食です。
そのため、通常のハチミツよりも栄養が豊富に含まれ、中にはローヤルゼリーにしかない成分もあります。

デセン酸という成分がローヤルゼリー特有のもので、これが多ければ多いほど上質なローヤルゼリーというわけです。
マヌカハニーは特定の木から採れるハチミツということで、どちらも希少価値の高いものであると言えますね。
また、どちらも通常のハチミツに加えて、さらに健康や美容に対しての嬉しい効果が期待出来ます。
ローヤルゼリーは豊富な栄養素を持つため、健康にはもちろん良いですし、血行促進効果が強く、美容にも効果抜群です。
また、マヌカハニーは先にも述べたように特定の悪玉菌を退治する成分が含まれています。

特に胃や腸の疾患に悩んでいる方や、もともと胃腸が弱い方にとっては、強い味方となってくれることでしょう。
この2つの成分を同時に摂ることが出来るように、両方混ぜ合わせた健康食品も最近では販売されています。
1つの商品で両方の効果が得られるのならば、とてもお得ですね。
ローヤルゼリーとマヌカハニー、どちらも自然界からもたらされる天然の安全な成分です。
自分に合った効果を選択し、ぜひ継続して摂取することをお勧めします。
また、生ローヤルゼリーについても参考にご覧ください。

トップに戻る